10
:
1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
24
25
26
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シェーナウの想い」由利本荘上映会

『 シェーナウの想い 』
Das Schönauer Gefühl
製作:Fuss e.V.( シェーナウ・環境にやさしい電力供給のための支援団体)
制作年2008年ドイツ<上映時間60分>
監督:フランク=ディーチェ/ヴェルナー=キーファー
日本語翻訳;及川斉志

●12月8日(土)
●13:30~15:40
●由利本荘市民交流学習センター
 〒015-0854 秋田県由利本荘市上大野16
 TEL 0184-24-4344
●会場費・資料代 500円 予約チケット 400円(カードタイプのチケット付き)
●主催 こども未来ねっと
●協力団体 秋田県立大学 学生復興支援団体 up←A

チラシ画


この映画は、ドイツ南西部、黒い森の中にある小さなまちシェーナウ市の住民グループが、チェルノブイリ原発事故をきっかけに「自然エネルギー社会を子どもたちに」という想いから、ドイツ史上初の「市民の市民による市民のための」電力供給会社を誕生させるまでの軌跡を綴るドキュメンタリーです。

「母親は、子どもを守るために、ライオンのように戦わなければなりません」
ウルズラ・スラーデク/シェーナウ電力代表・5人の子どもの母親

1986年チェルノブイリ原子力発電所の事故。ドイツ南西部に位置する小さなまちシェーナウ。不安を抱いた10人の母親が「原子力のない未来を求める親の会」を結成。自宅等で勉強会、チェルノブイリの子どもたちへの支援、村全体で「節電キャンペーン」や「節電コンテスト」を行いました。さらに住民グループは、原発に頼らない電力供給、エコ電力の買い取り価格の引き上げ、そして節電を促すために、シェーナウ電力会社(EWS:Elektrizitätswerke Schönau)を発足させます。

電力供給を実現するためには、当時独占電力企業のKWRが所有していた電力網を買い取る必要がありました。シェーナウ市との電力供給契約を失ったKWRは、この電力網の引き継ぎにあたって不当なまでに多額の価格を提示します。それでも住民グループは諦めず、社会目的に積極的に融資をするGLS銀行や広告会社の無償の協力、さらには人々の善意の寄付のおかげで無事電力網を手にするに至りました。

1997年、EWSは念願の電力供給を開始します。チェルノブイリ事故をきっかけにした親の会の発足から、操業に至るまで実に10年もの歳月が流れていました。
※今日では10万人以上がEWSから自然エネルギー電力を買っています。

映画にヒントをもらい、多くの方の想いや知恵を出し合い、共に日本の未来を考えませんか?


【NGO e-みらい構想制作】
スポンサーサイト

【丸の内くるみ通信】より・・・黙っちゃいられない話です!

丸の内くるみさんが、9月県議会で一般質問した内容を転記します(ご本人承諾済み)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・≪ 以下、転記 ≫・・・・・・・・・・・・・・・・・・

だんだん秋が深まってまいりました。お元気ですか。9月議会での一般質問について、ご報告いたします。

◎新県立美術館は、7月21日暫定オープン。県は新県立美術館を造るため、委員会等で様々な約束をしてきたので、その約束が本当に生かされているのかについて、質問しました。

◎学童保育について質問。「学童保育は、県の脱少子化戦略事業なのに、厚労省が作成した資料によれば、秋田県の学童保有に対する補助額は、全国で2番目に少ない。交付税が来ているのに、本来使える額より、約1億円も少ない補助金しか学童保育に出していない。
県内雇用労働者の3分の1が居住する秋田市の補助額は、県よりさらに少ない。40人規模に対する補助額は、全国平均430万円、国の基準額319万円、県213万円、秋田市170万円。
学童保育は補助金だけでなく運営が厳しく、保護者から保育料を集めている。経済的に苦しく入所断念した家庭がなかったか調べている」
知事答弁「子育て支援は、医療費助成や学童保育助成等トータルな施策を実施。経済的負担感から、入所を断念した事例については、把握していない」

◎秋田牛ブランドについて質問。「秋田牛は、トウモロコシ等濃厚な飼料を沢山食べているのでおいしく、枝肉重量も国内トップレベルと聞く。また秋田牛の県内消費量は1日約1頭と聞いており、9割は県外に売っていかなければいけない。県内25種のブランドを一本化できれば、大手スーパーと定時定量で取引ができ肥育農家のやる気を後押しし、肥育頭数増加にも繋がっていくのではないか。震災以降、秋田牛の美味しさを分かってもらえた今が好機。肥育農家も願っている。一本化をしていく考えはないか」
知事答弁「県産牛の有利販売に取り組む機運が高まっているこの機を逃さず、県産牛ブランド確立の取り組みを強化し、地域銘柄統一を進めるべきと考え『県産牛ブランド確立推進協議会』を設立した」

◎オストメイトについて質問。「オストメイトとは人工肛門、人口膀胱を付けた人のことで、それらの装具をストーマ装具と言う。この度の震災で、それらの装具が現地に届くのに時間がかかった。さらにオストメイトを理解している人が少なく、届いた装具をオストメイトが受け取れなかった。
また、装具を交換する場所がなく大変難儀をした、今後避難所には障害者用トイレの設置が必要。さらにさいがいじの装具提供について、秋田県医療機器販売業協会等と、事前に協定を結ぶ考えはないか」
知事答弁「県では『災害時要援護者避難支援プラン策定指針』で、安心して避難生活できる環境整備を、市町村に働きかけている。ストーマ装具に限らず医療機器を速やかに供給できるよう、医療機器販売業協会等と協定を含め協議を進めていく」

(一般質問に関する報告は、以上)

★9月下旬、会津若松の大熊町仮説住宅を訪ねました。6月に続き2度目。「大熊町は故郷なので、高齢者はなんとか除染してもらいたいと言っているが、若者は帰らないと言っている。最近、頑張ってきた高齢者が骨だけでも戻してほしいと言い始めた」と町内会長が語っていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

安心して子どもを産み育てられる街、
未来を見据え、可能性を拡げられる街、
病人や老人に親切な街、

秋田では、そんな未来に希望は持てるのでしょうか・・・

肥田舜太郎医師の沖縄講演会

肥田医師の講演会を聴き逃した方に!


肥田舜太郎医師

文字起こししてくれています♪感謝

みんな楽しくHappy♡がいい♪さんブログ
肥田舜太郎氏10/1沖縄講演(内容全て文字起こし)

車のエンジンのエアフィルター保存のススメ。

こんな記事を見つけました。
詳しくは、↓こちらへ
ざまぁみやがれい!さんのブログ

車エアフィルター

秋田で毎週金曜デモ開催中!

毎週金曜日は、秋田デモ!
「さよなら原発県民アクション!」

誰でも自由に参加できる!
お子様つれ連れもOK!
鳴り物歓迎!

みんなで、原発反対の声をあげてみませんか?

17:30 秋田駅フォンテ時計台前集合
17:45デモ行進(時計台前から なかいち までの往復:所要30分)

金曜デモ

プロフィール

スタッフ

Author:スタッフ
こども未来ねっとのスタッフブログです。

【メンバー募集】
何か行動したい!お手伝いしたい!と思う方はご連絡ください!遠くでもOKですよ♪

【ご寄付のお願い】
こども未来ねっとの活動のためご支援をお願いします。
皆様からいただいた寄付金は、こども達の未来のための活動費として役立たせていただきます。

ゆうちょ銀行
【店名】八六八 (ハチロクハチ)
【店番】868  (普通預金) 【口座番号】1151880
【口座名義】こども未来ねっと

お問い合わせ(菅原)
070-6498-8933(PHS)

最新記事

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

fc2カウンター

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。